« 水戸が西野やすし | トップページ

2017年6月19日 (月)

ノンエー

そんなことで、サイドにロベルトカルロス、カフーという、
90食い分サイドを上下動始めるスポーツマンいて、なおかつ、守備は当然として、突入ももらえるということになれば、あとのスポーツマンは、突入せずに、守備に没頭ということにしたほうが、攻守を配分したほうが良いのでしょうね。
とまあ、そんなことをね。かんが得ると、
ノンエー
突入サッカーで売りのバルセロナって生じるでしょ。果たして、それよりも、前線3人の南米トライアングルに突入を任せて、他のスポーツマンは守っているほうが便利かと思ってはしまっておりますね。という結果、メッシ、スアレス、ネイマールという結果ね。その3やつに常に突入を任せて仕舞うというパターンをね。やっていましたもんね。
あのバルセロナもね。
昔ですのですけれどもね。そういうこともあったね。
浦和もワシントン。ポンテいたときもそういったサッカーでしたよね。
しがないとヤバイ不人気でしたけれどもね。
でかくてじつは、足元は賢い、懐の深いワシントンに、右足だけであるのですけれども、ボール耐久といったキックの精度が売りで本当は、ドリブルなども賢く、体調も強い。ポンテって、あとは、それをフォローするスポーツマン。小野か山田か永井か。ってところね。

« 水戸が西野やすし | トップページ

経済・政治・国際」カテゴリの記事

無料ブログはココログ